101-0065
東京都千代田区西神田1-3-6 ゼネラル神田ビル4階
TEL 03(3815)5188 
FAX 050(3488)9010
大塚総合法律事務所
 所長弁護士
 筑波大学法科大学院 教授
 博士(法学)、米国LL.M. (法学修士)& MBA 
        大  塚  章 
 
 

事務所の取扱業務は、国内外を問わず、企業法務分野に広く及んでおり、取り分け、高度の専門性に基づく先端的な案件について高い付加価値を有するリーガルサービスを提供しています。企業法務に関連する主要な分野に知識と経験を有する弁護士により、効率的で質の高い法的サービスが提供して参ります。
 
国内企業法務
 
わたしが直接ご相談に応じます
 
当事務所は、中小規模の企業、外資系企業、上場企業その他の大企業に至るまで多様な依頼先企業との仕事から得られたノウハウを蓄積しております。こうした企業の多様性に即し、適切なアドバイスを提供し、企業に対する積極的な提案を行っていくことを心がけております。お客様の置かれている問題点を的確に探り出し、迅速に対応致します。セカンド・オピニオンも可能です。顧問契約を締結されているお客様には、最優先で対応致します。
企業法務での豊富な経験を生かして、自信を持ってお客様の手助けをしたいと思います
 
業務内容
 
会社法関係
 ガバナンス、コンプライアンス
各種契約書の交渉・作成・検討
独占禁止法関係
企業再編・M&A・事業承継
知的財産法関係
 
業務方針

 料金は、お客様にとって明確でリーズナブルな価格を設定しております。

また、さまざまな法律問題に対処するため、法律顧問契約を結ぶことも可能でありますので、お気軽にご相談下さい。
わたしの執筆
以下は全て単独執筆のみです。
共同執筆・論文多数
 
「会社法改革で変わるM&A防衛法」

「事例で解く国際取引訴訟」
 
「独占禁止法訴訟の実務Q&A」

「ケースブック国際取引法」
 
国際取引法務
 
熟練した国際弁護士が直接対応します
 
渉外弁護士としてまた大学教授として、国際取引に30年の経験のある弁護士が、貴社のアシストを直接致します。適切な法的武装は、紛争を未然に防ぐことに役立ちます。
適切な翻訳には、英語がわかるだけでなく、外国の法制度を理解していることが必要です。また、英文契約書を作成し、契約交渉を行うには、国際取引契約のキー・ポイントを熟知していなければなりません。適切な契約を締結できたため、権利を守ることができた、損害賠償の請求を最小限にとどめることができた、などの高い評価を得ています。
 
業務内容
 
英文契約書の翻訳
   (英文和訳と和文英訳の両方)
英文契約書の作成
英文契約書のチェック(対案の作成)
英文契約の交渉
  外資系企業の英文関係書類の作成
  サイン証明・裁判書類作成
  国際訴訟の対応(特に米国)
メールによる御相談
セミナー講師派遣
 
業務方針
貴社のニーズに合った、迅速なサービスを提供するよう努力して参ります。
 
また、さまざまな法律問題に対処するため、法律顧問契約を結ぶことも可能でありますので、お気軽にご相談下さい。
ご依頼から納品までの流れ
 
まず、メール又は電話で概略をご相談ください。日時予約のうえ、通常1 回は当事務所までお越しいただいております。その後の会議において、詳細をお伺いし、見積もり、納期をご提案致します。ただし、典型契約で会議の必要がない場合もあり、この場合はメールにてご依頼を受けることも可能です
 英文契約書の作成や交渉にあたっては、お客様との会議やメールのやり取りを通じて、疑問点を解消し納得のいくサポートを心がけています。
 また予算に上限があるような場合はその旨遠慮なくご相談ください。
納品は、ワード形式のファイルを電子メールでお送りする形でいたします。
 
 メールによるお見積りは無料です。できるだけ具体的に記載の上お問い合わせ下さい。aotsuka@otsuka-law.jp