101-0065
東京都千代田区西神田1-3-6 ゼネラル神田ビル4階
TEL 03(3815)5188 
FAX 050(3488)9010
大塚総合法律事務所
 所長弁護士
 筑波大学法科大学院 教授
 博士(法学)、米国LL.M. (法学修士)& MBA 
        大  塚  章 
 
 

明確でリーズナブルな料金体系
 
一般に国際弁護士はタイム・チャージ(時間制料金)で請求を行っています。しかし、当事務所では、英文契約書の翻訳・作成の料金を、タイム・チャージではなく、基本的には、対象の契約書の単語数(英文)又は字数(日本語)に応じて算定し、お客様により明瞭で格安な料金体系を取っています。なお下記の料金はすべて消費税別の金額です。
 
1.翻訳サービス
(1)英文を和訳する場合
350単語当り4万円
英文契約書は1ページあたり通常350単語程度です。単語数はワードの検索機能によって即時に計算可能です。

(2)和文を英訳する場合
1000字当たり4.5万円
但し、内容の難易によりますので、まず、見積もりのため、問い合わせをお願い致します。
 
2.英文契約書の作成
まず、どのような取引を予定されているのか、詳しくお話をお聞かせ下さい。お話をすることで、どのような契約類型が適切であるか、また、どのような条項が必須であるかを私共で理解することができます。販売店契約と思っていたのが代理店契約が適切であることが判明したり、そもそも、契約の前に特許出願が必要であることが判明することがあります。この会議が実は最も重要なのです。
 そして、出来上がった英文契約書につきましては、単語数に応じて、350単語当り4.5万円にて、ご請求させていただきます。なお、作成後に貴社又は相手方の要望で内容に修正が加えられた場合、この修正箇所は別途のご請求となります。また、作成した英文契約書に和訳も必要な場合、上記1(1)の単価の7掛で翻訳をご提供申し上げます。
 典型契約については、「セミオーダーメイド」的に作成できる場合があります。培ったノウハウにより高品質の契約書を更に価格を抑えて作成することができます。ご相談下さい。下記は目安です。
売買契約 12万円
販売店契約・代理店契約 14万円
秘密保持契約 5万円
 
3.英文契約書のチェック
相手方から提案された契約書案を,お客様に契約書案の問題点を指摘すると同時に修正案(英文)を提案します。これは、ワード文書の「変更履歴」の機能を利用して、相手方の文案を削除し、修正し、新たな条項を加入する作業です。これは、外国の弁護士との契約書交渉で一般に行われる方法です。
このチェックの場合、相手方から提案された案の出来によって、チェックの作業時間が大きく変わります。したがいまして、タイム・チャージとさせて頂き、1時間あたり4.5万円をご請求させて頂きます。ただし、翻訳も同時に依頼されている場合、チェック料金は1時間あたり2.5万円とさせて頂きます。
 
4.英文契約の交渉
 相手方と英文契約書を締結することを最終目的として交渉します。通常は、相手方と英文の電子メールでやりとりをすることになりますが,弁護士大塚が,お客様の代理人として,お客様に代わって契約締結交渉を行います。
 この場合ご請求はタイム・チャージとさせて頂き、1時間あたり4.5万円をご請求させて頂きます。
 
5.メールによる御相談
1件当たり5000
 
6.社内セミナー講師
 国際取引や英文契約に関する社内セミナーの講師として、出講致します。